News

 
番組で着ていたシャツ、くつしたマフラー  
1、マフラー

この「くつしたマフラー」は、世界初?かどうかはわかりませんが・・・・
まず・・シャツ生地を作るときにでた色々な色の残り糸をアレンジワインダーで細かく繋ぎ合わせてます。(シャツ用の糸は靴下で通常使う糸の4倍細い高級綿糸を「使います)

その糸を靴下を編む機械で長く編んで貰ったもの(10m位)をカットしたものです。
  
つまり、2度と同じものができない為、世界で一つのオリジナル・・・
もともとは、色の変化を観察するために作ったものですが、首にまくと暖かくて、結べて最初と最後の色合いが微妙に違い良い味がでてたので・・偶然の産物です。
  
でもあまりに短く糸をつなぐので量ができません。
でも、若いNHKのスタッフに大好評だったので、ボチボチ作るつもりです。
2、シャツ+ポケットチーフ

このシャツとポケットチーフの生地は、アレンジワインダーで、「にじむ糸」と「にじまない糸」を繋いで作ってあります。
これも量産ができません(この染色をして頂いた工場が、「こんな手間のかかるものでけへん・・・」と・・・・)
で今、これを再現するための別の方法を模索中です。

茂木さんも住吉さんもこれでシャツができたら、西脇まで作りに行こうかと盛り上がってました
住吉さんは「近くに温泉ありませんか?〜」
  
でもこのようなオーダーシャツでノーネクタイですと、ポケットチーフも同じ生地でつくると案外オシャレですね。
  
リンク先である丸福商店さんで生地買って情報未来館でつくるとこんなこともして頂けます。
閉じる